取り扱いサービス

一覧へ戻る

SSL証明書 | SSLサーバ証明書

シマンテック、ジオトラストをはじめとする主要ブランドのSSL証明書がお買い得!

ECサイトや企業サイトでは大切なお客さまの個人情報を保護するために、SSL証明書を導入して暗号化通信を行いセキュリティで保護された安全なサイトを運営することが推奨されます。
Joe's SSL市場は国内最大級のSSL証明書年間発行枚数を誇り、シマンテック、ジオトラスト、Comodoより直接購入することで、お客様へ低価格で販売しております。
同一プランであれば、他社で取得されたSSL証明書の更新手続きも可能です。
※2016年1月29日を以て、グローバルサインの取り扱いは終了しました。
※2015年6月30日を以て、サイバートラスト、アルファSSL、ソートの取り扱いは終了しました。

お申し込みはこちら

SSL証明書とは

SSLとは、Secure Sockets Layer: ネットスケープコミュニケーションズ (Netscape) が開発した、インターネット上で情報を暗号化し安全な通信を提供するプロトコルの事を指し、サーバーと利用者の間のやりとりを暗号化する仕組みの1つです。ウェブサイト上でお客様からのご注文を受ける際や、個人情報を入力してもらう際など、“https://”からはじまる、ブラウザで鍵のマークが表示されるページなどでSSL証明書はよく使用されています。商用のウェブサイトでは、このSSL証明書が導入されているか否かで売り上げが左右される程、非常にスタンダードな技術です。PC、携帯電話間でクレジットカード・個人情報などの機密性の高い情報を安全にやり取りできます。

SSL証明書はなぜ必要か

インターネット上での情報通信においては、やりとりを行う相手の顔が見えないことと、安全な通信であるかどうかということが問題になります。
メールやウェブサイトのフォームを使うときに、通信の特性上、情報の盗聴やデータの改ざん、成りすまし行為などの危険性があるからです。
それらの問題の発生は、企業にとって致命傷ともなる大変な問題です。
また、個人情報の保護の観点からも運営者側には情報を保護する責任があります。
そのため、SSL証明書によって情報通信の安全性を保護する必要があります。

SSL証明書の役割

SSL証明書は、以下の役割を果たすものです。
1. サイト訪問者が、サイト所有者を確認する (実在認証)
2. サイト訪問者が、サイト所有者に暗号化して情報を送信する(暗号化)
フィッシング詐欺などインターネット犯罪を防ぐだけではなく、サイト訪問者に安心感を与えます。 特に、カード決済や個人情報の入力ページでは設置が必須のものとされています。

商品ラインナップ

※料金は全て1年契約の場合です。商品により1~3年契約をご用意しています。
※弊社では証明書インストール代行を行っておりません。ご了承ください。


証明書発行会社
  • 特徴
  • 商品タイプ
  • 料金(1年契約)
  • お申込み
  • シマンテック
  • 世界で最も有名なSSL証明書ブランドです。著名なECサイト・決済機関で採用されており、携帯電話への対応率も高く90%以上です。

  • セキュア・サーバID
  • ¥49,800(税抜)

お申し込みはこちら

  • グローバル・サーバID
  • ¥115,000(税抜)
  • セキュア・サーバID
    ワイルドカード
  • ¥387,500(税抜)
  • セキュア・サーバID EV
  • ¥134,400(税抜)
  • グローバル・サーバID EV
  • ¥202,500(税抜)
 
  • ジオトラスト
  • 国内外を問わず人気のSSL証明書ブランドです。携帯電話への対応率も高水準です。

  • クイック SSL プレミアム
  • ¥12,400(税抜)

お申し込みはこちら

  • トゥルービジネス ID
  • ¥19,900(税抜)
  • トゥルービジネス ID
    ワイルドカード
  • ¥96,600(税抜)
  • トゥルービジネス ID
    with EV
  • ¥115,200(税抜)
 
  • Comodo
  • 信頼性と発行スピードを兼ね備えたSSL証明書ブランドです。海外で人気が高く、国内でも発行数増加中。実在認証が可能。

  • ドメイン認証タイプ
    (ロゴ無し)
  • ¥6,000(税抜)

お申し込みはこちら

  • ドメイン認証タイプ
  • ¥7,000(税抜)
  • ドメイン認証タイプ
    (ワイルドカード)
  • ¥30,000(税抜)
  • 実在認証タイプ
    (ロゴあり)
  • ¥15,000(税抜)
  • 実在認証タイプ
    (ワイルドカード)
  • ¥60,000(税抜)
  • EVタイプ
  • ¥49,500(税抜)

他社経由のSSL証明書を更新する際のご注意事項

※該当の方は必ずご確認下さい。


  1. 同一プランのみ更新が可能です。(Comodoのみ、更新時にプランを変更しても残存期間を引き継ぐことが可能です。)
  2. 現在お持ちの証明書有効期限の90日前から更新のお手続きが可能です。
  3. 即時発行には対応しておりません。入金確認後の証明書発行となります。
  4. 日本シマンテックのストアフロントや、各SSL証明書の発行元が独自で提供している管理画面やオプションには対応しておりません。

お申し込み前にご準備いただく事項について

  1. CSR情報のご準備

    契約更新のお申込みであってもCSR情報はご提出下さい。

  2. サーバーソフトウェアのご確認

    「AOL」,「Apache-ModSSL」,「Apache-SSL(Beb-SSL, non Stronghold)」, 「C2Net Stronghold」,「Cisco 3000 Series VPN Concentrator」,「Ctrix」,「Cobalt Raq」,「Covalent Server Software」,「Ensim」,「Hsphere」,「IBM HTTP Server」,「IBM Internet Connection Server」,「iPlanet」,「Java Web Server(Javasoft / Sun)」,「Lotus Domino」,「Lotus Domino Go!」,「Microsoft IIS 1.x to 4.x」,「Microsoft IIS 5.x and later」,「Netscape Enterprise Server」 のいずれか

  3. WHOIS情報のご確認

    CSR情報のコモンネーム(CN)のドメイン名について、WHOIS登録済のご確認をお願いします。
    ◆jpドメイン(xxx.xo.jp,zzz.jpなど) JPRS WHOIS
    ◆gLTD(.com,.netなど) NETWORK SOLUTIONS WHOIS

このページのトップへ